2005年06月08日

喜久水酒造

八ヶ岳に山登りに行って来ました。そのついでに信州の酒蔵を何軒か回りました。順次報告して参ります。
PDR_00075.jpg

 まずは、飯田の喜久水酒造。蔵の印象は、酒蔵と言うより、工場と言った感じです。出荷量もかなり多いでしょう。大きな敷地の一角に翠嶂館(すいしょうかん)言う販売用スペースがあります。日本酒の他に焼酎もあり、多くの種類を作っている様です。

残念ながら、車での来訪のため、試飲は舐める程度しかできませんでしたが、酒米の代わりに秋田こまちを使ったり、水を変えたりと微妙な味の違いを出していました。

信州の酒蔵は酒造好適米として「美山錦」をよく使っています。西の山田錦は去年の台風の影響をもろにうけましたが、美山錦は影響なかった様です。
PDR_00124.jpg  

山での宴会用に喜久水特別純米酒を購入。濃厚やや辛で、すっきりした味わいです。常温で頂きましたが、温燗でもいけそうです。値段も手頃で万人受けする酒でしょう。
PDR_01037.jpg 
 信州の酒には、やはり野沢菜が合います。野沢菜のピリ辛が純米酒のやや辛とマッチしています。

喜久水特別純米酒

原料米  美山錦 100%    精米歩合 60%
日本酒度     +2      酸度   1.4
アルコール度   15.6

posted by 真心職人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

飯田の地酒を広めよう 「KURAの会」結成
Excerpt: 飯田の地酒を広めよう 7酒店が「KURAの会」結成 【長野県】飯田市の地酒を広めるために新商品や独自の流通ルートをつくろうと、飯田市内の酒店7店舗が「KURAの会」を結成した。 飯伊地方唯一の蔵元の喜..
Weblog: お酒ニュース国内〜世界各国最新発信!
Tracked: 2006-07-01 18:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。