2006年12月31日

瀧沢酒造合名会社

 苗場山登山の帰り、津南の町で偶然見つけました。
豪雪地帯の豊かな雪解け水で仕込んだ淡麗な酒が売りです。

PDR_0052.JPG
 津南町の国道沿いにあり、町並みに溶け込んでいます。

IMGP6499.JPG
純米吟醸  奥越後

 新潟らしい淡麗辛口。立香は僅か。口に含むと優しい酸味が口に広がります。最初はやや雑味を感じましたが、その酸味が見事に和らげてくれます。
 やや粘度のある舌触りは、喉を通りすぎてもその余韻を残します。
 
 辛口より少し旨口よりですが、もう少しコクが欲しいところ。コクと酸味のバランスが取れれば、結構いけると思います。

 この酒には、刺身などの生ものが合うと思います。

 純米吟醸  奥越後

精米歩合 50%  アルコール度 15〜16度
posted by 真心職人 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。