2006年04月28日

稲花酒造

 千葉の稲花酒造で購入した二本目の地酒です。

PDR_0031.JPG
 田園地帯の雰囲気に相まって、何か家庭的な感じのする蔵です。

 その雰囲気そのままの酒がこちら

ina.JPG

 純米かもし酒  稲花正宗 

 前回ご紹介した本醸造 ぎんからとは、対照的な味。

 非常に柔らかく、おとなしい味です。杜氏さんが、こちらの純米を
余り薦めなかったのは、この柔らかさ故にでしょうか?

 辛味、酸味、コク、全てが柔らかい。でも甘口ではありません。その曖昧さが食中酒としての抜群の引き立て役になります。
 キレが良い反面、僅かに残る苦味が口の中をさっぱりさせてくれます。

 強烈な個性に欠ける分、むしろ飽きの来ない万人受けする地酒です。


 純米かもし酒 稲花正宗

精米歩合 60%  アルコール度数 15〜16度

posted by 真心職人 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。