2006年10月23日

鳴滝酒造(株)

 9月の後半は佐賀県唐津市に出張に行って居りました。一日休みが出たので、酒蔵巡り。残念ながらほとんどの蔵が廃業もうやだ〜(悲しい顔)。結局立ち寄れたのは、この蔵のみでした。

KIF_0971.JPG

 唐津市の市街地から外れ、民家の途切れる峠近くにありました。工場を思わせる建物郡。
 唐津市内、最盛期には30蔵以上あったのが、今ではここを含め僅か2蔵。寂しい限りです。

IMGP5868.JPG
 聚楽太閤 純米酒     純米酒は大吟醸とこの普通純米だけ。

 立香は穏やか。口に含むと、まろやかな風味が鼻に抜けます。
酒度は分かりませんが、やや甘く感じます。酸味がちょっとあり、キレも良く、雑味も感じられません。普通酒に良く見られる、アルコールのピリピリ感もなく、盃が進みます。
 この酒は、強烈な個性がない代わりに、どんなアテにも合う調和の取れた酒です。辛口の好きな人には、物足りないかも知れません。
 でも、個性を主張し過ぎないあっさりした風味は、それ自体りっぱな個性だと思います。

 聚楽太閤 純米酒 
 精米歩合 60%  アルコール度 15〜16%
posted by 真心職人 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

永山本家酒造場

 山口県宇部市に出張中に立ち寄りました。

この蔵は去年訪れた根知男山渡辺酒造店と同じく京都の岩清水八幡宮にあった蔵の流れを汲みます。

kioPDR_0033.JPG
 酒蔵らしくない外観です。昔のお役所の建物を買い取ったとの事です。

PDR_0035.JPG
 出先なので、やはり火入れしたものを二本チョイス。

PDR_0041.JPG
 今回はその内の一本。  特別純米 貴

 開栓と同時に甘い香。やはり京都伏見の流れを汲むのか?やや甘口です。
クセの無い味は盃が進みます。私好みの味ですが、ややインパクトに欠ける感じもします。
 大人しい口当たりは、魚肉系のつまみより、煮物等との相性がよさそうです。もう少し酸味があると、かなりのお気に入りになりそうです。

 特別純米 貴

精米歩合60% アルコール度 15〜16度
posted by 真心職人 at 18:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。