2005年09月25日

春鹿 (今西静兵衛商店)

 春鹿で購入した二本目です。

IMGP1040.JPG

 今年初めてのひやおろしです。

今年の夏は特に暑かっただけに、ちょっと心配です。

IMGP1041.JPG
今日は、まぐろの刺身で一杯。マグロのボリュームにはひやおろしのまったり感が合うと思います。

 立香は少し。口に含むと、純米のまったり感。濃厚辛口です。心配したひね香はありません。同時に熟成感も感じられません。濃厚な割には、キレも良く、爽やかな酸味もあります。

 あっさりとして、旨みもあり値段(4合¥1312)の割りに納得できます。が、タンクで熟成された、期待感があっただけに、ちょっと残念です。もう少しコクとまろやかさが欲しいものです。今日は、冷で飲みましたが、燗の方が美味いと思います。
posted by 真心職人 at 21:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

(株)今西清兵衛商店

 9/18、春鹿の酒蔵祭りに行って来ました。

IMGP0952sakagura.jpg

 酒蔵まつりは初めて訪れました。回を重ねる毎に来場者が増えている様です。

IMGP0954.JPG

 大盛況の会場内。まずは、大吟醸の試飲です刻の雫大吟醸 精米歩合40%はさすがフルーティ
 数量限定で思いっきり飲めないのが残念。

IMGP0958.JPG
 代わりに、有料の試飲で、本醸造と純米の普通酒を頂ました。正直、空きっ腹で何杯も試飲した為、味がわかりません。ふらふらここでも、大吟醸は売り切れになっていました。


 お持ち帰りはひやおろし超辛口 

IMGP1004.JPG

 春鹿 超辛口 精米歩合58% アルコール度15〜16度 日本酒度+12

    

 超と付くからには、かなりの辛口なのでしょう!日本酒らしい香りが少々。

そして、一口。辛口には違いないですが、それ程の辛味は感じません。キレがありすぎるのが災いして、コクがあまりありません。あっさりし過ぎていて、酒自体の主張は控えめです。食中酒としては、良いかもしれません。春鹿大吟醸と比べたら酷かも知れませんが、ちょっと残念です。酸度やアミノ酸度の表示は無いので、何とも言えませんが、もう少しアクセントが欲しいところです。

 ひやおろしに期待して、今回のレポートはこれまで!
posted by 真心職人 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

池田屋酒造(株)

池田屋酒造。  糸魚川の酒蔵四軒目です。

PDR_0024.JPG
街の中の造り酒屋の雰囲気が良く出ています。店先の雁木が雪国らしさを現しています。

PDR_0027.JPG
メインブランドは謙信

生酒もありましたが、旅先なので火入れしたものを購入。何故か、陳列してあるものでなく、奥の工場から持って来てくれました。この方が何かありがたみを感じてしまいます。単純ですねふらふら

IMGP0765.JPG

純米吟醸 謙信  精米歩合55%  アルコール度15〜16度

 これも試飲しなかったので、ドキドキしながらまず一口。非常にあっさり、淡麗辛口です。
ラベルには新潟淡麗仕込と書いてあります。まさにその通り。口に含むと、すっと喉の奥に吸い込まれていきます。でもけっして水っぽくありません。一時流行った地酒=淡麗辛口の見本の様な酒です。
 しかし、単に流行を追った安っぽさは感じません。あっさり辛口、すっきりキレ味、それに応じたアルコール度数。非常にバランスのとれた酒です。

IMGP0791.JPG
 趣向を変えて、カマンベールチーズがさかなです。あっさり辛口には、チーズの様な濃厚なものが合います。日本酒というよりは、ワイン感覚で飲むのが面白いです。


 この地酒を飲んで思いました。前回ご紹介した加賀の井酒造の濃厚甘口
とは正反対。しかし、この二軒の蔵は歩いて5分ぐらいの距離です。

 すぐ近くの蔵の看板銘柄の酒が対照的な味なのは、日本酒の奥の深さを感じさせます。
posted by 真心職人 at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

加賀の井酒造(株)

糸魚川の酒蔵三軒目です。

PDR_0022.JPG

立派な外観。老舗を思わせます。

PDR_0018.JPG

種類はそれ程多くありません。

PDR_0017.JPG

販売スペースはかなりの広さ。良い雰囲気です。生酒は無く、純米吟醸を購入。


IMGP0745.JPG

加賀の井 純米吟醸 精米歩合55% アルコール度15〜16度

蔵のHPからも味の解説はありません。運転があるので、試飲も無し。

味は全くの未知数です。でも店の雰囲気でなんとなく想像がつきます。

まずは、香りを嗅ぐ。立香はあまりしません。口に含むと、純米特有のまったり感。
濃厚甘口です。含み香はかなり有ります。アミノ酸が濃厚で、口に含むと
じんわり唾が出てきます。室温に近くなると、ますます、濃厚さが強く感じられます。

 なかなか美味い酒ですが、あまり味の濃いものには向かないでしょう。甘口ゆえ、日本酒の苦手な人にも飲み易いかもしれません。でもキレはあまりないので、酒の甘さが少々口に残ります。もう少しキレがあるとお気に入りに登録なのですがひらめき

 この蔵は、直売にかなり力を入れている様子。設えが立派です。今までいろんな蔵を訪ねて思う事は、雰囲気の良い直売スペースを設けている蔵は、女性を意識している様に思われます。従って、女性好みの口当たりの良い飲み易い酒である傾向が強いです。
posted by 真心職人 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

田原酒造(株)

糸魚川の酒蔵二軒目です。

この蔵はHPを開設していません。地元の観光案内のサイトに載っていた住所だけが頼りです。

PDR_0012.JPG

ごく普通の民家で、看板さえ出ていません。何度も前を通り過ぎてしまいました。

辛うじて杉玉で蔵とわかったぐらいです。

PDR_0009.JPG

種類はそれ程ありません。懐具合を見て、安い方の特別純米酒を購入しました。

IMGP0536.JPG
雪鶴特別純米酒

すっきり辛口。米の香りと酸味が喉越しを促します。

そのくせ喉を通った後も香りと酸味が口の中に残ります。その残り香が次の杯を誘います。

 冷よりも常温から温燗ぐらいが香りが引き立って旨みが出てきます。

 好みとしては、これぐらいの酸味があると、もう少し辛味が強い方がより味が引き立つと思います。もちろん、美味い事には変わりないですが。

posted by 真心職人 at 22:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 地酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。